« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年1月

朝方、次々につらなった夢を見た。
中学時代の友人が泊まる、かわいい子猫をペットにする、様々な色をした子猫が次々に出てくるのに自分の猫だけ見つからない、高校に行く時間に遅刻しそうになって父に車を出してもらう(が乗らない。このパターンの夢はなぜか何度もみる)、自転車で学校に行こうとする、後ろからきた弟に「元気じゃん。このまま東京まで行きそうなくらい」と言われ、そうだな、行ってみようか と電車に乗ってしまう 等々。それぞれのパートに思い当たる節があるが、目覚めて若い頃の自分から現実に戻ってしまったことを悟ったときは哀しい。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年7月 »