« 歯医者と研修 | トップページ | 映画4本 »

人間ドック

4年ぶりに「人間ドック」を受けてきた。
職場の通常検診と診療所でのやや精密な検診を隔年ですることになっているが、ここしばらく、通常検診の年を「人間ドック」にしてきた。共済組合で補助がでるとはいうものの、万単位で自腹を切らなくてはならない。前回の人間ドックは、企業研修中で申し込みができなかったので、4年ぶりになる。場所は毎回同じ、市内の某総合病院の検診施設。
 無料のシャトルバスで到着。到着すると受付が多くの人でごった返しているので驚くが、これは通常の職場検診の人たちだった。書類・検体一式を渡すと、しばらくして呼び出し。検診用の着衣はこんなものだったっけと、多少のブランクはあるけれど、おおよそは勝手知ったる何とかだ。
 人間ドック受診者はおよそ20名余。50代以上の男性が大半だが、女性も何人かいた。夫婦で受診している方も。

 今回のポイントは、初体験の胃カメラとピロリ菌検査。呼気でピロリ菌を調べるものと思いきや、あらたに尿を採取して調べるとのこと。朝から水分をとっていないので採取できるか心配だったが、なんとか必要量を搾りだした。 

 そうそう、特筆すべきことをひとつ。採血がまったく痛くなかった。何かの偶然か、看護婦さんの腕がよかったのか。気がつかないうちに血を抜き取られていた・・・

 問題の胃カメラはラスト。バリウム検査は最初に行われているらしく、ラウンジで無料の飲料を飲んでくつろいでいる人たちがけっこういる。うらやましい。呼び出しがかかり、2階に上がり、まったく別の棟に案内される。緊張する。
 胃壁の泡を消す液体(例によって変な味)を飲み。ベットに横になり今後の説明をきく。昨夜、ネットで体験談を読んでおおよその手順をつかんでいたが、ここでは2種類の喉麻酔をするだけのようだ。実施まで、ヘッドホンで音楽を聴いてリラックスしているようにとのこと。これは、受診者の苦しい声を聞かせないためでもあろうか。
 ついに麻酔開始。針なし注射器に50ミリのどろりとした透明な液体。喉を突き出すような枕をあてあがわれ、これを喉の奥に嚥下される。3分間含んだあと飲み込むのだが、どうしても少しずつ飲み込んでしまう。これを喉のなるべく奥に貯めておいて、麻酔をしっかりかけるのがカメラをうまく飲むポイントだとか。しかし3分間は長かった・・・。
 3分後、かなり麻酔が効いてきた。液を飲み込むのもゆっくり慎重になる。あとはスプレー式の麻酔液を喉に噴霧されて準備終了。胃の動きを弱める「ブスコパン」の注射はなかった(ありがたや あれ 痛いの)
 その後は一気呵成。診察台に巨大枕を抱えさせられて左腹を下にして横になり、肩の力を抜いてリラックスして云々と言われる。看護婦さんが背中をさすりながら、医師が、こちらの期待よりも太めなカメラをマウスピースから挿入していく。
「ここは細いところでつかえやすいですけど我慢してくださいねえ」と看護婦さんの言ったところでは少し食道に圧迫感があったものの、あとは予想よりもスムーズに挿入された。終点の「十二指腸」と言われた時には確かに胃の下部に圧迫感を感じた。
 その後は、検査のために胃を圧迫される時に何度か「おえっ」となったものの10分もかからないで終了した。看護婦さんから「初めてにしては楽にできましたねえ」と言われた。 
 医者の所見では、一部に赤くなっているところがあるが、これは胃酸が元気な人によく見られる症状、不快な症状がでるようだったら、胃酸を押さえる薬を飲めはいいですよ とのこと。あとはとてもきれいな胃・食道だそうだ。
 麻酔がとれるまで30分。その後やっと少しずつ冷たいお茶を飲むことができた。恐れていたほど大変なものではなかったが、緊張感・不快感はそれなりにあって、次回はどうするか迷うところ。
 すべて終わって、総合所見。若手の女医さん。聴診・打診をしたあと、直腸診。友人が言うには、ふつうの人はそれ断るよ、なのだが、せっかくプログラムに入っているんだし
もちろんしてもらう。昔、内痔核(イボ痔)があったはずなのだが、消滅したのか、ここのところ「異常なし」である。ただ、この女医さんそんなに真剣に指を突っ込まなかったような気がするのだが。
 総合所見の詳細は省くけれど、まあ予想していたことを指摘された。とりたてて新しい異常がないのはよかった。ちょっと嬉しかったのは、ピロリ菌が陰性だったこと。この年齢だと8割は陽性らしいので、これは嬉しい。確かに、胃炎や胃の不快感はほとんど感じたことがない。

 料金は3万余。通常の検診だけなら1万5千ですんだのに、ピロリ菌判定と4種類の腫瘍マーカー(血液でおこなうガン判定)をオプションで付けたら倍になってしまった。
 病気ではないのだから保険が効かない、というのはわかるが、検診に補助を出して受けやすくすることで、病気を初期段階でチェックすることが増えれば、医療費の削減に最終的にはつながるのでは と思うのだがな。
 半日ですむとはいえ・・・疲れました。 

|

« 歯医者と研修 | トップページ | 映画4本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。